勃起の持続力 向上ラボ

バリフは安くても勃起力を向上するレビトラジェネリックです

バリフは、日本で2番目に認可されたED治療薬レビトラのジェネリック医薬品になります。

レビトラのギンギンの勃起の硬さを踏襲しながら、価格が安いため人気となっています。

ただし、日本ではまだ認可がおりていませんので病院では処方されておらず、個人輸入の通販で購入することになります。

管理者のオススメ第5位にランクインしたバリフ。1位のレビトラと比較しながらその効果をまとめました。

勃起効果はレビトラとほぼ同じ

実際に自分で飲んで使ってみましたが、勃起の硬度はレビトラと変わらないという印象。

しっかりとギンギンの硬さになり、最後までしっかりとその硬度を持続してくれました。

自分の悩みである中折れもなく、十分セックスタイムを満足できています。

レビトラと同じ成分であるバルデナフィルの効果のおかげと言えます。

効果の時間は約4時間ほど

バリフを飲んでから効果が続く時間は約4時間ほど。

自分の場合はレビトラの方がやや長く続くかな、といった感想です。

これは体質に寄ると思いますが、それでも4時間持続してくれればセックス時間として十分なため、特に問題ありません。

食べ物の影響は?

相手の女性と居酒屋で軽く食べてからセックスしていましたが、特に支障なく効果ははっきりと表れました。

普段と比較にならないほどの硬さになっていましたので。

あまりにも脂っぽい食べ物は吸収が阻害される恐れがあるため、控えめにしたほうが良いとは思います。

お酒の影響は?

居酒屋に行ったので当然ながらお酒を飲んでいます。

飲んだのは、ビール・焼酎、最後にワインを少々といった量です。

ほろ酔いぐらいになりましたが、意識はしっかりした状態でした。

十分な勃起力を発揮してくれて中折れせずに射精までいけているので、お酒の影響も特にありませんでした。

逆にお酒のおかげで自分も彼女も楽しく良い雰囲気になれていたと思います。

バリフの飲み方~いつ飲む?~

レビトラと同じバルデナフィル成分なので、早ければ15分ほどで効果が表れ始めます。

自分の使い方としては、ホテルに向かい始める位の時間、つまり居酒屋などのお店を出るぐらいの時間に飲むようにしています。

次にどこに行くのかをあらかじめ聞いておいてホテルに向かうようであればバリフ(またはレビトラ)を飲んでおくことで、ホテルについて性行為が開始する頃にはちょうど効き目が出てきます。

副作用について

副作用もレビトラに準じます。

主なものとして、顔の赤らみ・火照りや熱っぽさ、頭痛・吐き気などです。

薬が自分の体質にあう・あわないは飲んでみなければわかりません。

自分は、顔が赤くなったり身体が熱く感じる程度で、お酒を飲んだときと同じような症状はたまにあります。

一番のメリットは価格が安いこと

バリフはレビトラのジェネリック(後発)医薬品であることから、価格が安く設定されています。

レビトラは1錠あたり約1600~1800円もしますが、バリフはたったの200円前後と大きな差があります。

可能であれば国内で認可されている純正レビトラを選択した方が良いです。ただ値段が高すぎてなかなか…という方で、どうしても中折れなどのED症状を治したいという望みがある方は、ジェネリックであるバリフを購入するのもひとつの手段です。

純正レビトラを薦める理由

レビトラは国内の病院で処方されている列記としたED治療薬であり、実績も高く安全性も高い医薬品です。

一方のバリフは、海外で使用されているお薬であり、日本ではまだ認可されていないため病院でも処方されておらず、入手するためには個人輸入・通販を利用することになります。

バリフも医薬品ではありますが、その使用は個人の自己責任となります。

そのため、可能であれば国内での実績の高いレビトラをオススメしています。

とは言うものの価格の高さがやはりネックなので、自分も金銭的に余裕がある時はレビトラを、カツカツの時はバリフなどのジェネリックを購入して使っています。

価格の安さゆえか?!バリフのデメリット

価格が安いのは良いことです。効果もしっかりしているのでコスパも高い。

ただ唯一難点なのは、バリフのパッケージ。

銀色のシートに10個の錠剤が質素に包まれているだけで、梱包箱などは一切ありません。

通販するとその10錠入りの銀色シートが1枚送られてきます。

値段が安すぎるせいで箱も無いという状態。パッと見では偽物か?大丈夫か?と心配になるほどです。

効果が高いだけに、もう少ししっかりとしたパッケージになってくれれば、もっと良い商品だと自分は感じています。

Copyright © 2016 勃起持続力-向上ラボ