勃起の持続力 向上ラボ

メガリスの中折れを防ぐ効果と特徴

メガリスは、有名なED治療・勃起薬であるシアリスのジェネリック医薬品になります。

後発であることから価格が安くて買いやすく、さらにその勃起を硬くする効果はシアリスを上回るという方までいます。

ここではメガリスの特徴やその効果を説明しています。

管理者が実際に使って、中折れせずに勃起を持続できたかどうか?その効果のほどを実証してみました。

勃起の硬さはどれくらい? ~シアリスとの比較~

シアリスを使った際は、若い頃のビンビン感な硬さに勃起できました。

メガリスはそれ以上になれるという感想を読んで、いざ使ってみたところ、確かにシアリスよりもやや硬度が強くなれた気がしました。

あくまで「気がした」という程度で、そこまでシアリスと違いがあるかと言われると?

あう・あわないがあるので、個人の体質によって左右されるのかもしれません。

それでもシアリスと同等以上ということは言えると思います。当然ながら中折れは一切ありません。

メガリスを服用すると、勃起を硬いまま持続させてくれ、セックスを最後まで楽しむことができています。

効果の続く時間は? ~30時間持続を検証~

シアリスと本当に同じなのか?という疑問がありました。

シアリスの特徴として一番大きいのが効果の持続時間で、約30時間は効き目が続きます。

では、メガリスは?

初めて購入した時に、自分で試しに朝の10時に服用し、翌日の14時でも勃起力が高い状態であったことを確認しています。(オナニーしたところ、普段よりも硬さが十分になれました)

実際に、メガリスでもシアリス同様に長時間効果を持続してくれ、その間は何度もセックスを楽しむことができています。

メガリスのメリット ~やっぱり価格の安さが魅力~

人気の高いシアリスは1錠あたり約2000円と高価ですが、同じ成分であるにも関わらずメガリスは400円前後という驚きの価格。

後発であるジェネリック医薬品というメリットが大きく表れています。

この価格でシアリスと同等の効果ですので、そのコスパは十分に高いと言えるでしょう。

デメリット?病院では処方されていない ~個人輸入・通販のみで入手可能~

メガリスは海外ではED治療薬として販売されていますが、日本ではまだ認可が下りていないため、病院に行っても処方されることはありません。

国内で処方されるのは「シアリス」「バイアグラ」「レビトラ」の3種のみとなっています。

そのため、メガリスが欲しいという方は個人輸入・通販で購入することになります。

海外で使用されている医薬品を個人輸入することは法律で認められています。ただし、個人責任となりますので注意してください。

その他の特徴は、シアリスと同じ

メガリスもシアリスもどちらも「タダラフィル」成分ですので、その他、飲み方や特徴などはシアリスと同じです。

早めに飲んでおくだけでOK

先に書いたとおり30時間も効果が持続するので、セックス予定の日にあらかじめ早めに飲んでおくだけで大丈夫です。

お酒も食事も大丈夫♪

食べても飲んでも効果がしっかりとあらわれます。これもシアリスと同じです。

副作用もシアリスと同じく軽度

ゆっくり緩やかに効く特徴から副作用もほとんど無いと言われるシアリス。同じ成分であるメガリスも同様です。

ちなみに自分の場合は、その日の体調によって顔が赤らんだり体が熱くなる程度です。

自分の使い方は~シアリスとメガリスの使い分け~

自分の場合は基本的にはシアリスを使用しています。

理由としては、やはり日本で正式に認められた勃起薬だからです。安心感と実績の高さが一番です。

ただ値段が高いのでお財布に痛いのも事実。なので、なるべく通販で安く済ますようにしています。

ただ、それでもお金に余裕がないときはメガリスを購入して使うようにしています。

Copyright © 2016 勃起持続力-向上ラボ