勃起力持続向上ラボ

勃起の持続力を向上させよう!~セックスに必要な持続力~

こんな経験をする男性が増えています。

そして相手の女性からは

セックスに失敗してしまうと、男性も傷付きますが、同時に女性も満たされないことで不満やイライラを募らせて、男女の関係に亀裂を生じさせてしまいます。

逆にセックスに成功すると、男性の自尊心やプライドを満たし、また相手の女性もセックスでの「男らしさ」を感じ、イクことで心も体も「幸福感」に満たされます。

そのためには、勃起を自分の意のままに操り、できるだけ長い時間「硬く勃っている状態」を持続する必要があります。

ここでは、勃起を持続させるための改善方法、セックスに成功することで得られる効果を解説しています。

勃起力を持続させるための改善方法 ~男の天敵「中折れ」と「早漏」を防ぐには~

勃起を持続させられずにセックスに失敗。

これでは男女ともに不満を募らせてしまいます。

ここでは勃起が持続できない原因となっている「中折れ」と「早漏」の2つの改善方法を説明します。

中折れしないようになるには

中折れの一番の原因は「ストレス」。そのストレスは、主に仕事や家庭環境・人間関係の悩みから生じます。

しかし、それらを完全に取り除くことは、今の多忙な毎日においては不可能と言ってよいでしょう。

ですが、ストレスを軽減することは可能です。

運動して汗をかくことは、勃起にも好影響

ゴルフや野球・テニスなど、スポーツをすると汗をかきます。

汗を流すことで気持ちがスッキリしたということは、多くの方が経験していると思います。

運動は身体を動かすことに脳が集中するため、ストレスを忘れることができ、また汗をかくことで体内にたまった毒素を体外に排出することで心身ともにリフレッシュすることになるのです。

中折れはストレスや悩みなどのモンモンとした精神状態から起きることが多いものです。そのため、運動して心=精神がスッキリすることで改善することが可能です。

激しい運動でなくても、散歩して歩くだけでも効果はあります。最近ではポケモンGOで外を歩くことが流行りにもなっています。歩くことが苦痛となっては逆効果ですが、散歩しながら風景を楽しむなど、心をリフレッシュすることが大切です。

「健全な精神が健全な肉体を作る」。その肉体の一部である勃起にも、同じことが言えるのです。

趣味に没頭してストレスを減らすことも大事

旅行、ボーリングやカラオケ・パチンコ、あるいは映画やドラマ・漫画など、趣味にもいろいろあります。

どんな趣味であっても、それに没頭している間は、誰もが楽しいと感じているはずです。

特に男性の場合は、ひとつのことに集中する習性があるため、自分の好きな趣味に興じている間はストレスから解放された状態になっています。

仕事を終えた後にすぐにセックスをするよりも、仕事の後に趣味に興じた後でセックスをした方が成功率が高いというデータも存在しています。

つまり、精神状態によって勃起の元気さは大きく変わるということです。その大敵となるストレスを心から少しでも消すこと。それが勃起の持続力をひきあげ、ひいてはセックスを成功に導いてくれるのです。

中折れを改善するための薬の活用

中折れを発症してセックスが途中で終わってしまうと、恥ずかしい思いをします。

そして、その失敗を繰り返してしまうと女性を満足させられないという罪悪感から男としてのプライドがズタズタになっていって精神的に大きなダメージを負い、本格的なEDとなってしまいます。

その結果、セックス自体を楽しめなくなり、女性も満足できないことから不和になっていきます。

「中折れ」という症状は、勃起が萎えるというだけでなく、男性・女性の仲も萎んでいくことに繋がるのです。

運動や趣味によってストレスを軽減し、精神を正常な状態に保つことで勃起を持続できるようになります。

ただ、繊細な心の男性は、簡単には解決することができない問題のため、そういった方は中折れを改善する薬を活用すると良いでしょう。

特に、レビトラ・バイアグラ・シアリスは、ED外来の病院でも処方されていて実績が高く、勃起の固さと持続力を大きく向上してくれるお薬となっています。

管理者が実際にいろいろな勃起薬を試してみて、中折れを解消し、持続力向上に効果のあったオススメの薬ランキングはこちらから

早漏を治すための2つのこと

早漏の原因は2つ。「興奮しすぎ」と「敏感すぎること」です。

つまり、早漏を治すには

この2つが重要になります

冷静に!とにかく平常心を心がける

セックスを開始した途端に興奮する。これは当然のことです。

しかし、興奮が度を過ぎると自分の意思に勝ってしまい、早く射精してしまいます。

セックスの最中はとにかく冷静でいること。これが勃起を持続し、射精までの時間を長くする秘訣になります。

では、どうすれば冷静でいられるのか?

早漏である方の特徴として

というように、とにかく急ぐ方が多いです。イクのが早いだけでなく、そこまでの行動もせっかちで早い傾向があるのです。

逆にそうでない方や、セックスが上手と言われる男性の特徴は

といった点が挙げられます。まず、焦っていない。これが重要です。

そこに女性がいて、すでに相手もセックスするつもりでいるので、焦る必要は何も無く、逆にゆっくりと時間をかけて自分がプレイを楽しむだけでなく、女性を楽しませようという気持ちで臨んでいます。

そうすることで適度な興奮状態を保ちつつ、お互いに長くセックスを楽しめるというわけです。

興奮しすぎだと感じたら、ペースを緩めたり、あるいは頭の中で仕事のことや他のことを考えることで冷静さを取り戻す男性もいます。

男はひとつのことに集中する習性から、セックスの最中でも他の事を考え始めると興奮がおさまります。

簡単に言うと、さきの「中折れ」の一方手前の状態を意識的に作りだすのです。

冷静になれれば、当然イクはずもなく、セックスを長く持続できるようになれるのです。

少し鈍感に!気持ちイイという感覚に集中し過ぎないように

気持ち良くてすぐにイってしまう。

これは敏感な男性に多く見られます。

ペニスが擦れることで気持ち良いと感じ、気持ちが高ぶり、すぐに頂点に達してしまっているのです。

これは、膣の中に入っている勃起自体に全神経を集中させ過ぎていることが原因です。

擦れている勃起の気持ち良さに酔いしれている状態と言って良いでしょう。

では、逆にどうすれば鈍感でいられるのか?

例えば、挿入した際に、挿入する自分の勃起や女性の性器を見ずに、女性の顔をずっと見ておいてください。どんな表情をしているのか?

あるいは、挿入して腰を振っている最中に、自分の指先や足先に注意を向けてみてください。

女性に入れて出すという行為は繰り返しの動きになるため、腰を前後に振るだけで済みます。ですので、そこに集中する必要はなく、他のことに意識を向けるようにしてみてください。

何度も言いますが、男性はひとつのことに集中する性質があるため、気持ち良いと思うとその1点にのみ集中してしまい、早漏となってしまうのです。

逆に、他のことに集中することで冷静になれたり、感覚を鈍くすることができます。

他のことへ集中すると鈍感になれる

その1例として「マッサージ」があります。

マッサージを受けている最中に、仕事や明日の予定など他のことを考えてしまった経験のある方は多いでしょう。

マッサージで気持ち良いと思っていたのが、いつのまにか仕事の考えに没頭してしまい、いつのまにかマッサージが終わってしまっていた。

また、別の1例として「試合中のケガ」があります。

スポーツなどの試合中にケガをしてしまった。試合中は試合に心が専念しているため、ほとんど痛みを感じません。ところが、試合が終わってケガに集中するようになった途端、痛みを感じはじめた。

このような経験をした方は大勢いるでしょう。

特に男性は、ひとつのことに集中することで他のことを忘れたり、感覚が鈍くなるということは往々にしてあるのです。

早漏も同じであり、気持ち良いというその1点に心が集中しないように心がけましょう。

早漏を早く治したい方に~早漏防止薬を活用する~

早漏は、男性にとって繊細な悩みであり、なんとか早く治したいと思う症状です。

上記のような精神的な解消法にくわえて、早漏を防ぐ薬も販売されています。自分の症状や状況にあわせて活用するのもひとつの手と言えるでしょう。

管理者が実際にいろいろな早漏防止薬を試してみて、セックスを長く持続できたオススメの薬ランキングはこちらから

勃起の持続力を向上する努力と目的 ~幸せな2人の生活のために~

勃起を長く持続できるようになれば、それだけセックスの時間が長くなります。

ただ時間が長ければ良いというわけではありませんが、少なくとも2人で愛し合う時間は増えます。

そして、男性も女性もセックスで満たされることで、お互いが幸せな時間を共有できます。

逆にセックスでの失敗は、男性も女性も心に傷を負い、ケンカや不和の原因となってしまいます。

男性が、勃起の持続力向上に努めることは、2人の幸せな生活のためには欠かせないことなのです。

Copyright © 2016 勃起持続力-向上ラボ